実践的資金調達原論 「思うように資金調達ができない方へ」worldheritage512_2_20120529004622.jpg

2014年08月19日

自動車担保融資はNG

「乗ったままOK!即日融資」
「車でお金貸します」
といったキャッチコピーをご覧になったことがあると思います。

この種の融資とは無縁でしたが、以前、知人が知り合いから頼まれて相談してきたので調査してみたことがあります。
そもそも乗ったままで融資するなんて、まっとうな保全を考える貸金業者なら、危なくて貸せないはず。
と言うことは普通のただ金利を取るだけで終わるはずがない。
さらに、真っ当な資金業者でこの種の融資を行っているところは少ないから、絶対に何かぼろ儲けできるからくりがあるはず。
こんな仕事をしていると疑い深くなっているから、少し潜入観念あり過ぎですが、元カーローンを担当していたノンバンクの知人や、複数のベテランの貸金業者に聞いてみました。
真っ当な車金融の業者は入るのか?と。

彼らも仲間に聞いたりして調べてくれたのですが、結果はないと言うのが結論です。
まさに今日のタイトル通り、車金融はヤバいから、融資はNGと言うのが結論です。
融資額も乗ったままだと業者間のオークションの初値が基準のようですし、金利も、実質的には他の手数料も取られて、結果として非常に高い金利は支払うし、車も失うと言うことになるケースが非常に多いとのことです。
読者の方の中にも検討されている方もいらっしゃるかも知れませんが、絶対にやらない方が良いです。
もちろん、そんな気楽なことを言っている状況ではない!と思われるかもしれません。
でも、何百億円も負債を抱えてぶっ潰れた張本人(私)が言うから間違いありません。
目先のお金も大変苦しいものですが、後から考えると、絶対におかしなところから借りない方が良い。より悲惨な結果になることが多いです。
ではどうすればいい?
車金融に手を出すぐらいなら、一旦車を売却する方が良いと思います。
もちろん、それじゃ仕事にならないと言うかもしれませんが、これも今回聞いたのですが、車金融でお金を借りた人の多くは1年以内に車を失うそうです。
つまり、先ほども言ったように、高い利息や手数料も支払い、車も失う。
それなら、遅かれ早かれ車をなくすのなら、車を売った方がはるかに多くのお金を、お金を借りる動機になった資金使途に利用できるはずです。
この辺り冷静になっていただければ、良くご理解いただけるのですが、私も先ほども言ったようにお金に困窮した経験者です。
もちろん資金繰りしなければならなかった金額も大きかったから、ニュアンスは少し違うかもしれません。
でも、心理状況は大差ありません。
冷静になれるかどうかで、行動は変わり、その先の人生も変わるように思います。
私が、現在、なんだかんだ言ってゆったりした気持ちで生活できるのも、大変な状況から20年経った今考えると、おかしなところのお金に手を出さずにいたことが、とても大きかったと思います。
ぜひ冷静になっていただき、車金融などには手を出さないようにしていただきたいと願います。
車金融のことが分かりやすいサイトを紹介します。
  
車金融【悪徳な業者の口コミ】担保融資

騙されるな

最後に自動車担保融資でまっとうなサービスも存在しています。
それは、担保になる車が、ロールスロイスやフェラーリなど、数千万円もする高額車であれば、私が懇意にする優良貸金業者でも融資をします。
もちろん、保管が条件で、乗ったままなどはあり得ません。
ではなぜ、高額車なら真っ当な業者がサービスするのか?
それは保管料、主に駐車場代になりますが、50万円の融資で月3万もする駐車場代を支払っていては儲かりませんが、1000万円の融資なら、駐車場代の3万円は相対的に安くなります。
金利だけでも儲かるのです。
だからまっとうな金利で融資できるのです。
怪しい融資と思ったら、一度試されたらいいと思うのは、貸し手の立場、心理になって収支計算をしてみることです。
それで、儲からないと判断されたら、必ず、その儲からないことを穴埋めする何らかの仕組みがあると判断できます。
つまり、その融資は止めた方が良いと・・・・。
posted by bhycom at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 資金調達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。